旅券の査証ページ、追加廃止へ 偽造に間違えられると指摘

 政府は旅券(パスポート)に関し、出入国印を押したり査証(ビザ)を貼ったりする査証欄ページを追加できる「増補」制度を廃止する方針だ。海外で偽造旅券と間違えられる可能性が指摘されていた。10月上旬召集の臨時国会に旅券法改正案を提出する。外務省が17日、明らかにした。

 査証欄は10年有効旅券に44ページ、5年有効旅券には28ページある。頻繁に出入国してページが足りなくなれば、旅券1冊につき1回、40ページの増補が2500円の手数料で認められている。

 増補廃止後の措置として、残りの有効期間だけ使える新しい旅券を発給する方式に切り替える。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索