大阪最後のコアラ、英国へ 天王寺動物園、戻らない可能性

大阪最後のコアラ、英国へ 天王寺動物園、戻らない可能性

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)は20日、大阪府で唯一飼育されている12歳の雄のコアラ「アーク」を、10月から10年契約で英国の動物園に貸し出すと発表した。繁殖が目的だが成功しても、そのまま残る。コアラの一般的な寿命は15〜20年程度のため、日本に戻ってこない可能性が高い。園は「今のうちに見に来てほしい」と呼び掛けている。

 オーストラリア・メルボルン生まれで、2008年に来園した。餌となるユーカリに登り、くつろぐ姿が「愛らしい」と人気だった。

 同園は今月28日午後1時半からお別れイベントを開催する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索