主要駅ホームドア、実は3割未満 駅数でなく乗り場単位で調査

 1日10万人以上が利用する全国の主要279駅で、線路への転落や列車との衝突を防ぐホームドアが設置された乗り場は29%(3月末時点)にとどまることが13日、国土交通省の調査で分かった。これまでは駅単位で集計し「44%の123駅が設置済み」と公表していた。

 279駅は主に首都圏にあり、国交省は鉄道会社に補助金を出して優先的に設置を促進してきた。だが乗客から「一部の乗り場にしかホームドアがない駅もある」との指摘が寄せられたため、詳しい状況を調べた。

 279駅の乗り場の数は計1219あり、このうち設置済みは29%の353だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る