店舗一体の保育所、来春開設 名古屋市、ファミマと連携

店舗一体の保育所、来春開設 名古屋市、ファミマと連携

 名古屋市は15日、待機児童対策の一環として同市東区に新規出店、建設されるコンビニ大手ファミリーマートの店舗建物と一体となった認可保育所を2020年4月に開設すると発表した。市によると、コンビニに認可保育所を整備するのは全国初とみられ、「一体化により賃料などの低コスト化が期待できる」としている。

 用地不足から市は、昨年12月に同社と保育所整備に向けた協定を締結した。市の担当者は「地価が高く整備が進まない市内中心部などでも、店舗と一体なら可能」とさらなる整備促進に期待した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る