大嘗祭使用米の取扱量増へ、栃木 オリジナル品種でJA

大嘗祭使用米の取扱量増へ、栃木 オリジナル品種でJA

 JA全農とちぎ(宇都宮市)は19日、都内で開いた県産米のPRイベントで、皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」で使われた栃木県オリジナル品種米「とちぎの星」の取扱量を増やす方針を示した。県内の各JAによる2022年産の取扱量を、19年産のほぼ2倍に当たる3万トンに引き上げることを目標とする。

 これまでは業務用が多かったが、家庭向けの販売を強化するため、雑誌広告などでキャンペーンを展開する。

 とちぎの星は、県農業試験場が開発し、比較的大粒で暑さに強いのが特徴。日本穀物検定協会の食味ランキングで最高評価「特A」となった実績がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る