1984(昭和59)年2月15日、運輸省航海訓練所の新しい練習帆船「日本丸」が神奈川県横須賀市で進水した。54年にわたって海の男を育て、秋に引退する初代日本丸の代替船としてデビューした。先代より一回り大きい2570トンで帆の数は36枚。