九州や四国で1月27〜28日、季節外れの大雨が降った。南からの暖かく湿った空気が沿岸の冷たい空気に乗り上げて上昇気流となり、雨雲が次々と発生したことが原因とみられる。冬に豪雨をもたらす大気現象と言え、防災面で今後、注意が必要になりそうだ。

 気象庁によると、当時は発達した低気圧(反時計回りの空気の渦)の北側で強い東風が吹き、南からの暖かく湿った空気を九州や四国の太平洋沿岸に引き込んだ。暖気は冬の陸地の冷たい空気に衝突し、乗り上げるように上昇。局地的に雨雲ができた。

 気象庁は27日夕方から28日朝にかけて徳島、高知などの各県に記録的短時間大雨情報を発表した。