国土交通省は24日、羽田空港への到着機が東京都心を通過する新たな飛行ルートに関し、2月に実施した実機飛行確認の騒音測定データを分析した結果、約2割が想定から1〜3デシベル程度上回っていたと明らかにした。想定通りは約6割、想定以下は約2割だった。想定以上が出たのは「気象条件や乗客数などが影響した」としている。

 赤羽一嘉国交相は同日の閣議後記者会見で、29日からの新ルート運用開始は予定通りと強調。「継続してデータを蓄積し、著しく上回ることがあれば新たな騒音対策をしたい」と述べた。

 都心ルートでの実機飛行確認は、2月2日から12日までの間に7日間実施した。