新型コロナウイルスの感染拡大を受け、例年200万人以上が集まる5月の福岡の風物詩「博多どんたく港まつり」で、メイン行事のパレードを中止する方向で調整されていることが27日、関係者への取材で分かった。福岡商工会議所や福岡市などでつくる主催団体が近く最終決定する。

 どんたく港まつりは重要無形民俗文化財の「博多松囃子」が起源。パレードでは、歩行者天国となった市中心部の約1.3キロを、さまざまな衣装に身を包んだ「どんたく隊」がパフォーマンスをしながら行進する。例年5月3、4日に実施していた。