GWは、不要不急の外出や移動を自粛する「ステイホーム」の呼び掛けが続き、祝日「昭和の日」の29日も交通機関は閑散としていた。例年の激しい混雑から一転し、駅や空港は人がまばらで、高速道路の渋滞はなかった。新型コロナ感染拡大の影響で、予約は低迷しており、大型連休終盤まで混み合うことはなさそうだ。

 羽田空港の国内線出発ロビーはほとんど利用客がおらず静か。航空会社の窓口では、スタッフが感染防止のため、マスクの上からさらに顔を覆う「フェースシールド」を着けて対応していた。

 東北、山形、上越、北陸各新幹線で、東京駅出発時点で自由席の乗車率が0%になった列車があった。