英語検定試験「TOEIC」を運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で試験会場の確保が困難になったとして、6月28日に実施予定の「TOEIC L&R」を全会場で中止すると発表した。協会は3〜5月の公開テストを全て中止としていた。

 協会によると、テストは北海道や石川、京都など24都道府県で実施予定で、4月28日時点で2万1655人が受験を申し込んでいた。受験料は返金し、就職や進学などでスコアを必要としていた人に対しては、申し込み証明書を発行する。