新型コロナウイルスの感染が広がる中、物流輸送を支えるトラック運転手に感謝の意を伝えようと、福島県などは、国道や県道など県内約150カ所の道路情報の電光掲示板に「物流を支える皆様ありがとう」とのメッセージ表示を始めた。

 県職員が「ドライバーへの感謝を伝えよう」と発案。4月22日から県独自に取り組みを始め、県内の一部の国道を管轄する国土交通省にも協力を呼び掛けた。

 埼玉県へ週2回、自動車部品を運ぶ山形県新庄市の運転手我妻太一さん(48)は「物流業者への差別的対応があるとも聞く中で、思いやってくれる人もいると分かり、ありがたい」と笑顔で話した。