山梨県が管理する富士山の登山道「吉田ルート」が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今夏は閉鎖の公算が大きくなった。1日に県庁で堀内茂富士吉田市長と会談し、閉鎖の要請文を受け取った長崎幸太郎知事が「趣旨に沿う方向で、静岡県や関係団体とも調整したい」と述べた。

 長崎氏は会談で、登山道で落石事故が起きていることに触れ「日本を代表する山を安心して登ってもらえるよう、夏中にしっかり取り組む。この1年を次につながる1年にしたい」と話し、閉鎖期間に対策工事を進める案も示した。

 吉田ルートは、四つある登山道のうち、年間登山者数の約6割を占める。