ゴールデンウイーク後半に入った2日、日本列島は気温が上昇し、ぽかぽか陽気となったが、例年なら混み合う交通機関は閑散としたままだった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言は連休以降も継続される。出張や家族を見舞う人も、周囲を気遣いながらの移動となった。

 3月で北陸新幹線の延伸開業から5年を迎えた金沢駅。観光や帰省客でごった返すはずの駅は、土産物店にシャッターが下りてひっそりとしていた。出張先の新潟県から兵庫県尼崎市の自宅に帰る研究員の男性(46)は「新幹線の同じ車両には上司と自分だけだった。人と接触しないよう気を付けている」。