【モスクワ共同】長崎県出身の元シベリア抑留者で、日本に帰国後、ロシアに戻り長期間暮らした田中猛さんが7日、心疾患の合併症のためロシア極東ハバロフスクの病院で死去した。支援団体が明らかにした。93歳だった。