新型コロナウイルスの感染拡大で、視覚・聴覚障害者の7割が生活に不便を感じ、5割超の人がコミュニケーションに不安を抱いている―。支援団体が4月下旬に行ったアンケートで、こうした実態が分かった。視覚障害者は人と距離を保つ「ソーシャル・ディスタンス」を取るのが難しく、聴覚障害者は相手の表情がマスクで読み取れずに苦労しているという。

 アンケートは4月23〜26日、一般社団法人「ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ」(東京)がウェブ上で実施し、165人が回答した。障害の内訳は視覚が71人、聴覚が80人、重複が7人、未回答が7人だった。