27日昼、大阪市の上空で太陽の周りに丸い虹がかかる「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が確認された。中央区では正午ごろ、ビルの谷間からうっすらとした光の輪を見ることができた。

 気象庁によると、日暈は薄い雲が太陽付近にかかったときに、雲の中の細かい氷の粒に当たった太陽光が屈折したり反射したりして起きる。ハローとも呼ばれる。