お盆休み初日の8日に各地の主要な駅や空港を訪れた人が昨年8月の休日平均と比べて大幅に減少したことが9日分かった。NTTドコモの人出データの分析によると、東京駅は66.5%減、北海道の新千歳空港は48.1%減となり、繁華街も含めた全国の計95地点のうち90地点で人出が減った。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、帰省や旅行を控える動きが広がっている。

 ほかに人出の減少が大きかった那覇空港は47.2%減、横浜の中華街駅が47.1%減、名古屋駅が45.4%減だった。羽田空港の第1ターミナルも42.0%減となるなど空港や主要駅での落ち込みが目立った。