新型コロナ感染拡大防止のためのイベント入場制限が4連休の初日の19日、緩和された。演劇や演芸などは観客の不安を考慮して全席販売におおむね慎重姿勢だが、一部のシネコンやミニシアターは全席販売を再開して営業を始め、話題作では上映時間に合わせ次々と観客が訪れた。

 5千人の観客上限数があったプロ野球やJリーグでは午後、各地で1万人超に拡大する試合も行われる。一方、羽田空港も地方に向かう家族連れが多く見られた。

 映画館は観客数を定員の50%以下に抑えてきたが、シネコンのティ・ジョイのほか、テアトルシネマグループや複数のミニシアターが全席販売を再開した。