さいたま市議「首つって死ね」 委員会暴言、取り消して謝罪

 さいたま市の吉田一郎市議(54)(無所属)が、20日の市議会文教委員会で質問に答えた市立図書館長に「首をつって死ね」と発言していたことが22日、市関係者らへの取材で分かった。市議は21日の臨時委員会で発言を取り消して謝罪した。

 市関係者らによると、吉田市議は、市立図書館の文庫本の割合などについて館長に質問。館長の答弁後、マイクが入っていない状態で発言した。市議は取材に「ちゃんとした答弁がないと感じ、かっとなってしまった。非常に不謹慎だった」と釈明した。

 館長は「私も職員も大変ショックを受けた」と話している。吉田市議は2007年に初当選し、現在4期目。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索