生肉集団食中毒、賠償命令 1億7千万円、東京地裁

 2011年にユッケなどを食べた5人が死亡した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件の遺族らが、運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算中)と元社長らに計約2億900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鈴木尚久裁判長)は13日、フーズ社の責任を認め約1億6900万円の支払いを命じた。

 元社長らには重大な過失はなかったと判断した。

 事件は11年4月、神奈川、富山、石川、福井の4県6店舗で客約180人が食中毒を発症し、うち5人が死亡。富山県砺波市の店で食事をして亡くなった3人の遺族ら9人が、慰謝料や治療費の支払いを求めて14年10月に提訴した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索