旧避難区域、2割超が住まい未定 福島県の5市町村

 福島県は13日、東京電力福島第1原発事故による仮設住宅の提供が2019年3月末に打ち切られる県内5市町村の計2831世帯のうち、約22%に当たる630世帯が次の住まいが決まっていないと発表した。

 県は17年11〜12月、南相馬市、川俣町、葛尾村、飯舘村、川内村の旧避難指示区域から避難した世帯を対象に調査を実施。19年4月以降の住まいが決まっていると回答したのは1364世帯、837世帯は未回答だった。

 次の住まいが決まらない理由で多かったのは「生活資金が無い・保証人がいない」が約19%、「住宅や土地が見つからない」が約15%だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索