女児死亡、最高裁が母親に無罪判決

 指定難病「先天性ミオパチー」を患っていた3歳の長女を衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた母親(23)の上告審判決で、最高裁第2小法廷は19日、二審大阪高裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。


共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索