両替ミス、10万円が10倍に 返還せず起訴、初公判

 1万円札10枚を全て千円札に両替しようとした際、銀行側のミスで渡された1万円札100枚を返還しなかったとして、占有離脱物横領罪に問われた大阪府東大阪市の無職男(31)の初公判が19日、大阪地裁(西野吾一裁判官)で開かれ、男は起訴内容を認めた。

 検察側は懲役1年を求刑。弁護側は「偶然に端を発した事件で計画性もない」と執行猶予を求めて即日結審した。判決は27日。

 被告は審理で「数日後に気付いた時はなぜこんな大金が入っているのか理解できなかった。返さなければと思ったが、当時は車中生活で、マンションの契約金などに使った」と述べた。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索