通潤橋の崩落石垣引き上げ、熊本 山都町、原因調査へ

通潤橋の崩落石垣引き上げ、熊本 山都町、原因調査へ

 熊本県山都町は17日、一部が崩落した同町の国内最大級の石造りアーチ水路橋「通潤橋」で、橋の下を流れる川に落ちた石材の引き上げ作業を始めた。幕末に造られた橋は高さ約20メートルの中央部からの観光放水で知られ、国指定の重要文化財。町は崩落原因を調査し、復旧方法を検討する。

 町によると7日に崩落した石材はたもと上部の94個で、長さ約10メートル、高さ約4メートルにわたる。2016年4月の熊本地震の後に続けられている復旧工事で積み直した部分も含まれていた。7日は、この地域で激しい雨が降っていた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索