福島・浪江町長が辞表提出 体調不良で、原発避難を指揮

福島・浪江町長が辞表提出 体調不良で、原発避難を指揮

 東京電力福島第1原発事故で一時、全域に避難指示が出た福島県浪江町の馬場有町長は13日、町議会議長に30日付の辞表を提出した。体調不良が理由。町議会は13日午前に開いた定例会で辞職に同意した。

 馬場氏が自筆し、宮口勝美副町長が代理で提出した辞表では、日常生活が非常に困難とする医師の所見を受けたとして「(町民らに)これ以上のご心配とご迷惑をかけてはならない」と理由を説明。約1年半の任期を残すことに「残念至極であります」と悔しさをにじませた。

 馬場氏は浪江町出身で、町議や福島県議を経て2007年12月から町長に就任した。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索