奈良公園のシカ、首に矢? 軽傷、国の天然記念物

 奈良県は13日、奈良市の奈良公園に生息する国の天然記念物「奈良のシカ」の1頭の首に矢のようなものが刺さっているのが見つかり、奈良の鹿愛護会が保護したと発表した。軽傷の見込み。奈良署は文化財保護法違反の疑いで捜査している。

 県によると、被害に遭ったシカは、推定4歳の雌で体重約36キロ。奈良市の春日大社参道の鹿苑付近で保護された。刺さっていたのは鉛筆の芯に紙を巻いたものだった。 

 シカは治療を終え、元気に過ごしているという。容体に変化がなければ14日に奈良公園に解放される予定。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索