前伊東市長を収賄容疑で本格捜査 土地売買で1千万円受け取りか

前伊東市長を収賄容疑で本格捜査 土地売買で1千万円受け取りか

 静岡県伊東市が2015年に購入した市内のホテル跡地の売買を巡り、当時現職だった佃弘巳前市長(71)が便宜を図った見返りに不動産業者から現金約1千万円を受け取った疑いが強まったとして、警視庁が収賄などの疑いで本格捜査していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者などによると、土地は10年に廃業した伊東マンダリン岡本ホテルの跡地で、14年に市内の不動産会社が競売で取得。建物を解体して更地にした後、市が15年7月、約4千平方メートルの土地を2億500万円で購入した。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索