大阪医科大の学生を逮捕 PCから「試験問題抜き出した」

 大阪府警サイバー犯罪対策課は14日、大阪医科大(大阪府高槻市)のパソコンに情報を抜き出すソフトを勝手にインストールしたとして、不正指令電磁的記録供用の疑いで、同大医学部4年小花皓朗容疑者(23)=大阪府箕面市=を逮捕した。「試験問題など、教員のデータを抜き出した」と供述している。

 サイバー犯罪対策課によると、抜き出したデータは、画像や文書など患者のカルテや試験に関係するとみられるファイル約46万点。小花容疑者は「勉強のためにやった」と容疑を認めている。府警幹部は「実在する患者のファイルかは分からない」としている。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索