森友問題追及市議も不服 検察審査会に申し立て

森友問題追及市議も不服 検察審査会に申し立て

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、問題を最初に取り上げた大阪府豊中市の木村真市議らは14日、背任容疑で告発した財務省近畿財務局の担当者を大阪地検特捜部が不起訴にしたことを不服として、大阪第1検察審査会に審査を申し立てた。既に複数の市民団体や大学教授が申し立てている。

 木村市議は2016年9月、国有地の売買契約について情報公開請求し、財務局は売却額などを黒塗りにして開示した。市議は14日、大阪市内で記者会見し「なぜ背任罪に問えないのか、いくら説明されても理解できない。起訴されるべきだという結論が出ると信じている」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索