複数学校に違法ブロック塀、高槻 女児死亡で点検、大阪府北部地震

 大阪府北部地震で建築基準法に違反したブロック塀が倒壊し、高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が下敷きとなって死亡したことを受け、高槻市は19日、全市立小中学校の緊急安全点検を実施し、他にも複数の学校で違法状態のブロック塀が見つかったと明らかにした。

 塀が倒れた通学路は、用水路と学校敷地の間を通っており、用水路側は危ないため塀側を歩くように市教育委員会が指導していたことも判明。浜田剛史市長は19日午後、寿栄小を訪れ「深くおわび申し上げるしかない」と陳謝した。

 市によると、基礎部分とブロック塀を合わせた高さは約3.5mで、基準(2.2m以下)を超えていた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索