お茶大、女性自認の学生受け入れ 「当然」、出願資格改定へ

お茶大、女性自認の学生受け入れ 「当然」、出願資格改定へ

 お茶の水女子大(東京都文京区)は10日、記者会見を開き、戸籍上は男性でも自身の性別が女性と認識しているトランスジェンダーの学生を2020年4月から受け入れる方針について説明した。室伏きみ子学長は「多様性を包摂する社会の対応として当然と考えた。真摯に学ぶことを受け入れるのは自然な流れだ」と強調した。

 これまで「女子」としていた入試の出願資格を今後、「戸籍または性自認が女子」と改める。実際の入試では、トランスジェンダーの学生に事前に申し出てもらい、大学側が出願資格を確認する予定だが、具体的な方法は今後検討するとしている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索