新幹線線路に立ち入り容疑、福岡 容疑者死亡で男性書類送検

 山陽新幹線で6月に起きた人身事故で、福岡県警は12日、線路内に立ち入ったとして、新幹線特例法違反の疑いで、同県直方市の福祉施設職員の男性(52)を容疑者死亡のまま書類送検した。

 書類送検容疑は6月14日午後2時ごろ、北九州市八幡西区上香月4丁目の新幹線高架に設置されたはしごを使って線路内に侵入した疑い。県警は自殺とみている。

 事故は同14日午後2時ごろ、博多発東京行きのぞみ176号が走行中に発生。JR西日本は、博多―広島間で14日の山陽新幹線の運行を取りやめ、約4万1500人に影響が出た。


共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索