相模原殺傷事件、2年控え追悼式 19人悼み「やすらかに」

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺され、職員2人を含む26人が負傷した事件から今月26日で2年となるのを前に、建て替えのための仮移転先となっている横浜市港南区の「芹が谷園舎」で14日、追悼式が営まれた。遺族や入所者、職員ら約200人が参列し、犠牲者を悼んだ。

 参列者によると、体育館のステージに設けられた祭壇には花文字で「やすらかに」と書かれ、19本のろうそくが並んだ。参列者は黙とうをささげ、献花した。

 家族会の大月和真会長(68)は「私たちは決してあなた方を忘れない。安らかに眠ってください」と述べた。


共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索