長友選手が愛媛県訪問 被災地へ「勇気届けたい」

長友選手が愛媛県訪問 被災地へ「勇気届けたい」

 サッカー日本代表としてワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した長友佑都選手(31)=愛媛県西条市出身=が18日、西日本豪雨で大きな被害が出た愛媛県を訪問した。県庁で中村時広知事を表敬訪問した長友選手は「自分にできることをやりたい。ちょっとでも勇気を届けられたら」と被災者らを気遣った。

 応接室で面会した中村知事が「みんな頑張っているので激励してもらいたい」と語り掛けると、長友選手は「映像を見てつらかった。生まれ育った故郷なので何かできることがあれば」と答えた。

 その後、長友選手は浸水被害が出た同県大洲市で住民らが避難生活を送る市立菅田小を訪問した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索