女子プロレスラーに有罪判決 覚醒剤使用、東京地裁

 覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われた女子プロレスラー浜田文子被告(37)に、東京地裁(井下田英樹裁判官)は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 この日が初公判で、浜田被告は起訴内容を認め、即日結審した。判決によると、5月13日ごろ、東京都足立区にあった当時の自宅で覚醒剤を使用するなどした。

 浜田被告は1998年にデビューし、多くのタイトルを獲得。弁護人によると、引退の意向を示している。公判の被告人質問では「けがや家族との関係に悩み、使ってしまった。深く反省している」と述べた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索