取手の遺体、行方不明の妻と特定 「首絞めて殺害」、逮捕の夫供述

 茨城県取手市の住宅から見つかった遺体について、千葉県警は21日、死体遺棄容疑で逮捕した銀行員弥谷鷹仁容疑者(36)=千葉県柏市=の妻で、行方不明だった無職麻衣子さん(30)と特定したと明らかにした。

 弥谷容疑者が「首を絞めて殺害した」と供述していることも捜査関係者への取材で判明。「夫婦間のことで不満があった」と話しており、県警は殺人容疑でも調べる。司法解剖の結果、目立った外傷はなく、死因は分からなかった。

 弥谷容疑者は18日、3月4日夕〜夜、取手市の実家に麻衣子さんの遺体を遺棄したとして、母親の恵美容疑者(63)とともに逮捕された。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索