豪雨、避難指示はダム放流5分前 ホットライン生かせず、愛媛

豪雨、避難指示はダム放流5分前 ホットライン生かせず、愛媛

 西日本豪雨で氾濫した愛媛県の肱川上流にある野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)が、安全とされる基準の6倍の量を放流した問題で、大洲市が住民に避難指示を出したのは、鹿野川ダムが大量放流を開始する5分前だったことが22日、関係者への取材で分かった。ダム側と行政は放流の2時間半前からホットラインでやりとりしていたが、生かし切れなかった。

 大洲市と西予市では放流後に大規模な浸水被害が起きるなどして、計9人が犠牲になった。国土交通省が情報提供の経緯を検証している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索