福島の高齢女性変死、殺人と断定 県警、捜査本部設置

福島の高齢女性変死、殺人と断定 県警、捜査本部設置

 福島県警は22日、同県いわき市平鎌田の坂本基子さん(83)方で高齢女性が顔から血を流して亡くなっていた事件で、司法解剖の結果などから、殺人事件と断定し、いわき中央署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、死因は顔を殴られたことによる脳損傷。顔の損傷が激しく、遺体は坂本さんとみて身元の確認を急いでいる。

 21日午前10時40分ごろ、坂本さん宅を訪問した知人男性(62)が、玄関近くの居間で女性の遺体を発見した。顔には打撲したような傷があり、鼻や口から出血していた。

 部屋は施錠されておらず、荒らされた形跡はなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索