学校プールで小3女児重体、高知 夏休み中開放

 23日午後2時10分ごろ、高知市百石町の市立潮江小のプールで、泳いでいた同市梅ノ辻の同小3年木下優愛さん(8)が沈んでいるのを友人が見つけた。病院に搬送されたが意識不明の重体。

 高知南署によると、同小は夏休み期間中で、プールは児童用に開放されていた。当時は約30人が泳いでおり、プールサイドから約10人の保護者が監督していた。そのうちの1人が木下さんを引き上げた。

 プールの水深は1.2〜1.4メートル。小学校の教員が119番した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索