収容者「食べ物と靴、同じ箱に」 入管で嫌がらせと長崎地裁に提訴

収容者「食べ物と靴、同じ箱に」 入管で嫌がらせと長崎地裁に提訴

 強制退去を命じられた中国人の男性が法務省の大村入国管理センター(長崎県大村市)に収容中、自分の差し入れ食物を職員がわざと靴と一緒に箱に入れたり「強制送還するぞ」と怒鳴りつけたりしたのは不当な嫌がらせだとして、国に110万円の損害賠償を求め長崎地裁に14日までに提訴した。

 訴えたのは非正規滞在のため2016年2月に名古屋入国管理局に収容後、センターに移送された林旗さん(33)。

 提訴は6月28日付。訴状によると林さんは3月、差し入れの缶詰約10缶を確認したいと求めると、職員が箱に缶詰とともに、林さんが施設で使っている土足用運動靴を入れて持ってきた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索