お盆のUターン、渋滞ピークに 高速道路各社、分散利用呼び掛け

 お盆休みを古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが始まり、各地の高速道路は14日、上り線を中心に渋滞する場所が多くなる見通しだ。混雑のピークは14日で、15日にかけ続くとみられる。高速道路各社は、利用者に16〜17日の移動を検討するよう呼び掛けている。

 各新幹線では15日がピークとみられ、東海道新幹線は既に14日午後、上りの指定席がほぼ満席。空の便では国内線上り、国際線の日本到着便とも、15日から19日ごろにかけて混雑が続くと予想されている。

 高速の上り線では14日午前10時半現在、名神高速道路の蝉丸トンネル(滋賀)付近で17キロの渋滞が起きた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索