放射線監視装置訴訟で和解、福島 県と納入業者がそれぞれ提訴

放射線監視装置訴訟で和解、福島 県と納入業者がそれぞれ提訴

 東京電力福島第1原発事故後、福島県が設置した放射線監視装置(モニタリングポスト)に不具合が相次いだ問題で、納入業者と県が2015〜16年、互いに損害賠償などを求め福島地裁に提訴し、12日に双方が訴えを取り下げることで和解した。県が撤去費用を負担する。

 双方の訴状によると、納入業者の「福島電子計算センター」(福島市)が南相馬市などに設置した装置77台は、異常な数値を示すなど正常に作動せず、県は15年4月に契約を解除した。

 業者は、正当な理由がないとして約5500万円の損害賠償を求めて提訴。県は、装置の撤去や違約金約250万円の支払いを求めて反訴した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索