築地市場が完全閉鎖 五輪へ解体工事本格化

築地市場が完全閉鎖 五輪へ解体工事本格化

 豊洲市場(東京都江東区)への移転に伴い、6日で営業を終えた築地市場(中央区)が17日、業者が豊洲への荷物を運び出すことができる引っ越し調整期間を終え、完全に閉鎖された。今後は2020年東京五輪・パラリンピックの車両基地などを整備するため解体工事が本格化する。

 築地市場の正門前には工事用のフェンスが設けられた。午後8時、都の職員がゲートを閉め、市場は関係者以外は立ち入れない状態になった。

 築地市場は6日正午に最後の取引を終えた後、業者が豊洲への引っ越し作業を始め、11日の豊洲開場を迎えた。11〜17日は運び出せなかった荷物を運ぶなどの調整期間としていた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索