名古屋の私立高野球部監督が体罰 元プロ野球選手

名古屋の私立高野球部監督が体罰 元プロ野球選手

 私立名古屋経済大高蔵高(名古屋市瑞穂区)で硬式野球部の監督を務める酒井弘樹教諭(47)が部員の生徒複数に平手打ちなどをし、けがを負わせたことが13日、分かった。同校の調査に教諭は体罰を認めている。

 同校によると、酒井教諭は近鉄や阪神に在籍した元プロ野球選手。9日午後6時ごろ、校内のグラウンドで行われた練習後のミーティング中、1、2年の部員12人を平手で殴ったり蹴ったりし、3人が頬が腫れるなどのけがをした。

 生徒は登校時にスマートフォンなどを学校に預けることになっているが、このルールを守らない部員が多いことに腹を立てたと話しているという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索