9日の北陸新幹線9万人超に影響 4時間半停電、一時ストップ

 JR東日本は10日、9日に約4時間半停電して一時ストップした北陸新幹線の影響について、大宮―東京間を北陸新幹線と共有する東北、上越、山形、秋田新幹線の4路線でも9日夕から最大約30分の遅れが出たため、北陸新幹線と合わせた5新幹線の影響人員が計約9万1700人になったと発表した。

 うち、北陸新幹線では上下19本が運休、部分運休し、計約4万9千人に影響が出た。遅れは最大約4時間20分だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索