関空の浸水、東京ドーム2杯分超 台風21号、270万立方m

関空の浸水、東京ドーム2杯分超 台風21号、270万立方m

 9月の台風21号で関西空港で起きた大規模浸水について、運営会社の関西エアポートが設置した第三者委員会は11日、空港に流入した水量は最大で東京ドーム約2杯分を超える270万立方mと推計されると結論付けた。浸水量の約9割は波が護岸を乗り越えたことによるものだった。

 また、護岸を乗り越えた浸水量のうちの3割は、国の高さ基準を満たしていない護岸の部分から流入していたことも分かった。

 第三者委などによると、当時、関空周辺では4m以上の高波が発生。浸水した第1期島の護岸の高さは4〜6mだったが、波が護岸に近づくにつれ形が変わる現象が発生し、護岸を越えて流れ込んだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索