2歳長男への傷害致死容疑 警視庁、父親を書類送検

 東京都足立区の自宅で、2歳の長男を椅子から転落させて死なせたとして、警視庁捜査1課は13日、傷害致死の疑いで、会社員の父親(24)を書類送検した。

 書類送検容疑は、2017年10月11日夜、長男が座っていた幼児用の椅子を後ろに引いて転落させるなどして硬膜下血腫を負わせ、同月17日、搬送先の病院で、脳浮腫と誤嚥性肺炎で死亡させた疑い。長男は転落した翌日に心肺停止状態で病院に搬送されていた。

 捜査1課によると、父親は食事の進んでいない長男を注意した際に無視されたため「かちんときて椅子を引いた」と供述している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索