両陛下が国技館で大相撲観戦 平成最後、笑顔で拍手

両陛下が国技館で大相撲観戦 平成最後、笑顔で拍手

 天皇、皇后両陛下は20日、東京都墨田区の両国国技館を訪れ、大相撲初場所の取組を観戦された。昨年は、元横綱日馬富士による暴行事件などを受け、日本相撲協会から辞退の申し入れがあり取りやめていた。大相撲観戦は今回で即位以来23回目となり、在位中は最後となる見通し。

 両陛下は同日夕に国技館に到着。観客からの大きな拍手に迎えられ2階の貴賓室に着席、幕内後半の取組を観戦した。取組中、八角理事長(元横綱北勝海)から説明を受ける場面もあった。眼鏡をかけた陛下は身を乗り出しながら見入り、取組が終わるたびに笑顔で拍手を送っていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索