県立高校に人の頭蓋骨や脳、佐賀 標本として保管

 佐賀県教育委員会は23日、県立高校3校で人の頭蓋骨やホルマリン漬けの脳の標本計3点が保管されていることを確認したと明らかにした。県警の鑑定でいずれも人のものと確認されたが「事件性は低い」との説明を受けたという。保管された経緯は不明。

 同県みやき町の三養基高ではホルマリン漬けにされた脳の標本が、佐賀市の佐賀西高と神埼市の神埼清明高では頭蓋骨がそれぞれ1点ずつ保管されていた。

 全国の学校で本物の人体標本の発見が相次いだことから、県教委が昨年12月、県立校に調査を依頼。3高校から「人のものかもしれない」などと連絡があった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索